K塾のアフィリエイトで初心者が稼げる?【詐欺ではないが常識人には無理】

 

この記事を読んで頂き、ありがとうございます、アキです。 

 

アフィリエイト関係の教材を買ってみたけど、一人で継続するのはなかなか難しく、1ヶ月も続かず挫折・・・   そんな人は多いと思います。  

 

行動してスグに結果が出るって、アフィリエイトでは特に難しく、どんなに早くても1ヶ月。普通は3ヶ月は必要です。  

 

「成果がでない」どころか「アクセスも来ない」と、自分のやり方が正しいかわからず、止めてしまう人がほとんどです。  

 

そんなときに「この塾に入れば、月100万円突破は当たり前。月500万円以上稼ぐ講師が直接指導」とか言われたら、心が動いてしまいます。  

 

Photo by Julia M Cameron from Pexels

 

  「自分も稼げるかも・・・」と。   そんな高額アフィリエイト塾の中でも、2008年から続くのが「K塾」です。  

 

果たして、「K塾」で初心者は稼げるのでしょうか?   その1点に絞って、この記事にまとめてみました。  

 

2011年、震えながら入塾36万円、K塾8期の決済ボタンを押した日を思い出しながら・・・   ちなみに、26期の募集は、2020年6月に終了しています。  

 


出典:https://k-juku.net/

 

K塾は、1期が約半年です。26期が継続中、13年も続く高額塾の真相に元K塾生が迫ります。  

 

ボーナスのほぼ全額を投入したのは、半年後の夢のような未来を想像したから。  

 

挫折の連続でしたが、一旦やめても懲りずに再入塾までした、そんなアキラメの悪い男の体験に基づいております。  

 

では、最後まで、どうぞお付き合い下さいませ。  

 

K塾のアフィリエイトで初心者が稼げる?【詐欺ではない】

 

まず最初に、K塾は詐欺ではありません。  

 

「詐欺」は「騙す」ということです。   相当に「グレー」ではありますが、K塾には稼いでいる人はありますし、K塾で稼げるようになった人は、あるでしょう。  

 

26期も続いており、2021年1月には27期も始まりますね。13年以上も続くには理由があります。  

 

初心者向けの高額塾ではない

 

  K塾は、初心者向けの塾ではありません。  

 

  • アフィリエイトの初心者
  • パソコンの初心者
  • 商売の初心者

 

  いずれの初心者にも、おすすめできません。  

 

アフィリエイトの初心者

 

アフィリエイトの初心者であれば、書籍を読んで勉強しましょう。  

 

トレンドアフィリ・ASPアフィリ・アドセンスアフィリ、これらの言葉の意味が分からなければ、アフィリ初心者です。  

 

基本を書物で学びましょう。   「アフィリエイトは怪しい」という家族を論破できるようになれば、初心者卒業です。  

 

パソコン初心者

 

 パソコン初心者であれば、パソコン教室に通った方が良いです。  

 

地方自治体や職業訓練校で、格安でパソコンを教えてくれます。そちらの方がよっぽど、手取り足取り教えてくれます。  

 

6ヶ月という短い期間で、パソコン初心者が稼げるようになるほど、アフィリエイトは甘くありません。  

 

商売の初心者

 

  商売の初心者は、お金を自分の力で稼いだことがありません。  

 

自分でお金を稼げるようになりましょう。  

 

最初は、不用品の転売から始めるのが王道です。

 

  •  メルカリ
  •  ヤフオク
  •  Paypayフリマ
  •  ラクマ

 

このあたりであれば、スマホだけでも始められます。  

 

出品・接客・出荷などを体験して学ぶことができます。  

 

また、パソコンが有った方が、商売の幅が広がります。

 

あと、メゲないメンタルも鍛えましょう。  

 

運営者

 

  3人の中心人物によって運営されています  

 

塾長K

 

  塾長はK氏です。

 

「K塾長」なくしてK塾はありません。  

 

日本のアフィリエイト界を代表する商売人でしょう。  

 

塾長自慢のアメブロ(↓)  

 

  出典:https://ameblo.jp/kjyuku/

 

こう見えて社長です。  

 

見るからに怪しいです。サングラスにニット帽。

 

その素顔を見た人はリアルに会った人だけです。  

 

相手の名前は覚えても、人から呼ばれるのが大嫌いだそうです。  

 

自称「体育系」ですので、スパルタ式です。  

 

口癖は「やれ!」「既出です」「残念」。  

 

好きな絵文字は(・∀・)b  

 

10代の頃に交通事故に遇い、脳に損傷を受け、「長くは行きられない」と医者から宣告されてから、人生を楽しんでおられます。  

 

相当な変わり者です。  

 

  •  タバコは私には無害
  •  目からビームを出す
  •  月収100万円以下は雑魚

 

  英語とスノーボードとスーパーカー、そして外食を愛する人。

 

サブライム代表「山本行影」氏

 

 サブライム代表「山本行影(ゆきよ)」氏は、K塾長の才能を見抜いた人です。  

 

この人がいなければ、K塾長は1人コツコツ、アフィリエイトで稼ぐだけの人だったと思われます。 

 

当時、検索エンジンはGoogleとYahoo!が2大巨頭でありました。  

 

Googleの攻略法はわかっていたけれど、Yahoo!に苦戦する中、とんでもなく稼ぐ「K」という人がいると知った山本氏。  

 

最初は、K塾長に情報商材化をススメ、まもなく塾とすることを提案します。  

 

山本氏自信も「山本塾」を運営し、アフィリエイト中心に指導していましたが、その後、K塾に集中したようです。   そ

 

の他、輝かしいプロフィールは、こちら(↓)  

 


出典:http://yamamotoyukiyo.com/profile.html

 

「まるるちゃん」こと「丸山 純孝」氏

 

メールマガジン「エンジニアがビジネス書を斬る」のまるるちゃん。

 


出典:https://www.enbiji.com/2020/06

 

3人の中で、最も影が薄い人でした。ある意味、K塾長より謎の存在。  



「まるるちゃん」と言っても、れっきとした男性で本名は「 丸山純孝」だということです。  



メルマガで有名ですが、K塾長がメルマガを書いたところ、とんでもなく才能を発揮されたようで、稼ぎの額では追い越されているかも?   どうやら技術に強い人のようで、塾運営の仕組みづくりなどを担ったのでしょうか?   いずれにしろ、あまり存在を感じませんでした・・・  

 

K塾の指導方法・手法

 

 次は、K塾の「指導方法」「アフィリエイト手法」について。  

 

指導方法

 

オンライン

 

指導方法について、メインは「塾生限定SNS」と「オンライン掲示板」です。  

 

基本、文字によるやり取りです。   また、掲示板は古臭い形式で、決して検索しやすいものではありません。   私が在籍した当時には、「スカイプ通話で質問できる」とかなかったですね。  

 

セミナー

 

塾生限定のセミナーが、東京と大阪で開催されていました。  

 

塾生であれば、参加は無料でした。   その後の懇親会は、5000円の参加費だった記憶があります。  

 

私も何回か参加し、塾長や塾生の方とお会いしたことがあります。  

 

いつもは、インターネットを通して接している人と会えるのは新鮮でした。  

 

「『稼いでいる人』と言っても案外普通の人だな」と思ったものです。  

 

参加できなかった人のために、DVD化されて配布されます。  

 

 

 

ただ、DVD化されてない部分に、「お宝情報」があったりしますし、開催から配布までの時間差もありますね。  

 

リアルに勝るものは、ありません。  

 

塾長面談

 

今でも続いているかはわかりませんが、K塾長の住んでいる大阪へゆけば、直接面談ができました。  

 

3~4人の塾生とK塾長で、カフェで2-3時間話せたと記憶しています。  

 

この面談の内容はSNSでも紹介され、   「塾長が目からビームを放った」   とか、   「参加すると稼げるようになる」   などと、オカルト的に綴られます。  

 

参加資格は、その時々で「初回の人が優先で、申込みの早い順」が多かったと思います。  

 

私が始めて面談した時は、   「あなたは過去ばかり振り返り、未来を見ていない」   と言われ散々でした。  

 

地域でのシェア会

 

その他、地域での集まりが「シェア会」と言われ、奨励されていました。  

 

私は、名古屋でのシェア会に何回か参加しました。   1期から参加している先輩塾生には、お世話になりました。  

 

他にも、自己啓発系セミナーを独自開催している人もあり、勉強にはなりましたが稼げるようにはなりませんでした。  

 

YoutubeがGoogleに買収された直後、動画をアップしたら月2万円の報酬になったのが月刊最高利益でした。  

 

他の塾生さんが教えてくれたものですね。   私も「残念さん」の一人だったワケです。  

 

アフィリエイト手法

 

  K塾のアフィリエイト手法について。  

 

自作自演での被リンク

 

 K塾のアフィリエイト手法ですが、当時は被リンクを「自作自演」で集めるものでした。  

 

恐らく、最近でも変わっていないでしょう。  

 

無料ブログや「はてなブックマーク」に代表されるサービスから、事項で紹介するツール「ファントム」を設置したサイトにリンクを送ります。  

 

「ステップ」が進むにつれて、ファントムを中心とした「ユニット」が構築されます。  

 

ツール

 

「ファントム」というツールは、楽天・Amazon・Yahoo!などの物販に特化しアフィリリンクを自動で作成してくれるものでした。  

 

Googleにインデックスされれば、検索からアクセスが集まり、ほぼ自動で収益を上げることができます。  

 

K塾長が運営するファントムの例(↓)  

 


出典:https://blogungun.com/

 

実態がないので「ファントム」です。   他にも「フフフ」とか、「コンテンツメーカー」とか、ツールが豊富でしたね。  

 
塾生が作った商材

 

塾生が作った商材も、バリバリ紹介されていました。  

 

ブログランキングからアクセスを集めるのに特化した「りぃこ商材」とかYoutube商材とか。  

 

メイン以外にも、稼ぎ方は色々ありました。  

 

あと、相互にアフィリリンクを踏み合うとかもやってましたね。  

 

K塾の総論

 

26期が継続中。   1月からは、27期が始まると思われるK塾について、まとめてみましょう。  

 

出典:https://k-juku.net/

 

長く続いていることの弊害

 

長く続いているからと言って、良いことばかりではありません。  

 

K塾に入ると、専用のクローズSNSでのやり取りがメインになります。  

 

「なんでも聞け(書き込め)」と言われる前提には、過去ログ(過去の書き込み)を読んだ上で、という条件があります。  

 

26期も続いてくると、とても全部読めません。   全部読まずに聞こうものなら「既出です」の一言で済まされます。  

 

「どこどこに書かれているから既出です」とは言われません。   「自分で探せ」と言われているのと同じです。  

 

時間短縮したいから聞いているのに、自分で過去の書き込みから探していては、返って時間がかかります。

 

塾生「ういろう」氏が、なぜ塾生をサポートするのか

 

  K塾の特長として、塾生がK塾の入塾をすすめるのに、豪華な特典をつけていることがあります。  

 

とくに「ういろう」氏のサポートが有名です。  

 


出典:https://アフィリエイトk塾.com/

 

私が塾にいたときから「旅するアフィリエイター」といって稼いでいる様子でした。  

 

塾生が塾生をサポートするのは、それだけ初心者に厳しい塾だからです。  

 

それと、アフィリエイト報酬が大きいから。

 

初心者に厳しい

 

 先に上げたように、膨大な検索しづらい過去ログに加えて、容赦ない「既出」攻撃もあります。  

 

質問した人は、萎縮してしまい、次からはためらってしまいます。  

 

100万円稼いでいない人は残念な人扱いで、K塾長から指導もしてもらえません。  

 

代わりに「講師」が何人かいて、サポートします。それら講師も厳しい指導に耐えて這い上がった人で、とっつきにくい。  

 

そこで、同じ立場の塾生が、優しくサポートすることが魅力的になります。  

 

中には、すでに塾生でありながら、「ういろう氏のサポートを有料でも買いたい」と言ったおかしなことが起きるのです。

 

大きなアフィリエイト報酬

 

 昔から、入塾初回費用は36万円です。  

 

塾を紹介して入塾した人があると、多くの報酬がもらえるので、こぞって特典をつけて入塾を誘います。  

 

「塾生が塾生をサポートする」ということが行われる理由であり、「ういろう」氏の真似をする他の塾生も増えています。  

 

それが「りぃこ」氏であったり、「達彦」氏であったりします。   この構造が、問題になったことがあります。  

 

私が塾にいたときに「及川」という塾生が、サポート特典付きで何人も入塾させたのに、全然サポートしない、ということがあったりしましたね。  

 

 

K塾入塾時にはアフィリエイトで初心者でしたが頭角を表し、女番長のようになった「りぃこ」氏も、及川元サポーターの紹介で入塾したのに、全くサポートしてくれないので、SNSで強烈に噛み付いていました。

 

及川さんを検索したらツイッターを見つけましたが、すでに停止状態で、リンク先のブログも無くなっています・・・  

 

まとめーK塾に入れば稼げる?

 

 K塾に入れば、だれでも稼げるか?   ここまでの記事で、不可能ということが分かっていただけたと思います。  

 

これはK塾に限らず、あらゆる塾やクラブ、サロンも同様です。  

 

稼げるのは、上位の数パーセントの人だけ。   その人の成果を強調しては他の塾生を鼓舞し、餌にしては新規の塾生を募ります。  

 

まとめとして、K塾に「入るべき人」「入るべきでない人」をおさらいします  

 

入るべきでない人

 

  入るべきでない人は、こんな人です。  

 

  • 初心者・・・
  • メンタルが弱い人
  • 正攻法しかできない人

 

入るべき人

 

  入るべき人は、こんな人です。  

 

  • 金のためなら、全てを犠牲にできる人
  • 料理上手な奥さんより、外食が好きな人
  • 何を言われても平気な人

 

K塾は「変わり者の巣窟」

 

 K塾で成果を上げる人は、総じて「変わり者」です。  

 

「類は友を呼ぶ」といいますから、K塾の手法で稼げる人は、塾長と同じ様に変わり者です。  

 

大多数と同じ用に、常識的な社会生活を送れる人には無理な可能性が高いです。  

 

秀でた一芸がある人とか、すでに自営業を営んでいるとか、あるいは頭のネジが1本抜けている人が丁度よいのでないかな、と今では思います。  

 

「K塾に入れば稼げる」はウソですし、「K塾で稼げなかった」としても、あなたのせいではありません。  

 

「常識人」である人は、K塾では稼げない。   「常識をぶち壊す人」が、K塾で稼げる人ですね。  

 

最後に「常識人には無理」

 

  ここまで、読んでもらっても、まだ「K塾に入って稼ごう」と思える人は、とめません。  

 

常識をぶち壊してください。   K塾のスパルタ指導を受けて、毎日3時間作業を続ければ、半年後には素晴らしい忍耐力がついているとことでしょう。  

 

リアルセミナーも何回か開催されますし、参加できなくてもDVDで見返す事ができます。

 

   

 

でも、DVD見返す時間が有るなら、私は特化ブログの記事を書きますね・・・  

 

お尋ねになりたいことがあれば、以下のフォームから質問をお寄せください。

 

  問合せフォーム(←クリックするとフォームが開きます)