【メルマスターズ】検証して分かったおすすめできない5つの疑問点 【インフォトップ・ ブランド品転売】

ご覧頂きありがとうございます。コウです。

 

今回もインフォトップで販売されている気になる情報商材を見つけたので検証していきます。

 

その名も【メルマスターズ】販売価格29800円‼

 

この商材はメルカリでブランド品を販売して大きく稼ぎましょう!という教材ですがハッキリ言っておすすめできません。

 

内容もスカスカで少し考えれば買う価値のあるようなものではないというのが分かるので本当に転売などのネットビジネスに手を出したことのないような方をターゲットにしているのだろうな…というのが私の感想です。

 

それでは検証して分かったおすすめできない5つの疑問点お話していきたいと思います。

 

この記事をご覧になった方も私と一緒に考えながら読み進めていってほしいと思います。

 

それでは宜しくお願い致します‼

 

当記事はこんな人に読んでほしいです!

 

  •  コロナウィルスなどで収入が減ってしまった方
  •   自宅でできる副業を探している方
  •  ネットビジネス初心者の方
  •  今まで副業選びに失敗して苦しんでいる方
  •  せどり、転売ビジネスに興味がある方
  •  人生を少しでも向上させたい方

 

【メルマスターズ】の特定商取引法に関する記述

 

運営責任者 羽田 傑
所在地 東京都練馬区北町8-24-20プレステージ102
電話番号 08022444099
メール ksfmasterpiece@gmail.com

・上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。

お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。

購入方法 クレジット決済・銀行振り込み
販売価格 29800円 (税込)
商品代金以外の必要料金 ・振込の場合、振込手数料

・複数払いシステム利用料

・コンビニ決済の場合、コンビニ決済手数料

商品の引き渡し時期 【ダウンロード販売】

代金決済完了後、14日以内に infotop ユーザーマイページよりダウンロードくださ

商品の引き渡し方法 nfotop ユーザーマイページよりダウンロード
返品・返金について 万が一、「メルマスターズの教材および講師による指示」を6ヶ月以上実践して、3万円以上の利益を得られない場合、ご申請いただければ当該商品代金を全額返金いたします。返金にあたりましては、氏名と住所が判別できる身分証明書(運転免許等の公的証明書)および、学習と実際の実践を証明する、実践した内容の報告と、データ(メルカリのアカウントや仕入れた商品の画像、また収入画像など)の提出をお願いします。

【返品時期】

サポート期間終了から1週間以内までにご連絡があった場合、返金可能となります。

【返品方法】

①上記記載のアドレスまで、返金希望の旨をメッセージでお送りください。②実践履歴をご用意ください ③運営事務局にてメールを確認して、確かにプログラム内容を実践していた場合、3営業日以内に指定口座に全額返金させていただきます。

表現、及び商品に関する注意 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、

必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

 

特定商取引法とは、悪質な事業者から消費者を守るための法律で事業者は必ず記載が必要です。

 

これをみると販売会社の記載はなく運営責任者の羽田傑さんという名前だけが記載されています。

 

この「羽田傑」なる人物を探してみましたが全く情報がヒットしませんでした。

 

積極的にビジネスを展開している人はブログやTwitter、YouTubeなどで情報発信をしていることが多いのでそういうところから販売者の実績であったり考え方を知り商材を購入するかどうかの判断材料にするのですが全く情報がヒットしないとなると警戒した方が良いですね。

 

また実質この直接購入者に商材のノウハウを指導してくれるのが「石田琥南」という人のようですね。

 

 

こちらも調べてみましたがなんの情報もなく「羽田傑」さん同様この【メルマスターズ】の販売ページにだけ存在しているのかもしれません。

 

【メルマスターズ】はどんな手法で利益を得る?

 

【メルマスターズ】はどんな手法で利益を得るのかが気になりますね。

 

仕入れから出品した商品が売れて発送するまでの流れを順に見ていきます。

 

商品はどこで仕入れる?

 

販売実績の画像がありますがそれをみるとメルカリで仕入れてメルカリで販売しているものとフリルで仕入れてメルカリで販売しているものが挙げられています。

 

なんと商品の仕入れ先には販売先と同じメルカリなども含まれています。

 

 

スマホを使ったアラート機能とは

 

 

最初は何かツールを導入してリサーチや仕入れの時間を短縮していくのかと思いましたがこれは要するにメルカリの中で特定の商品の検索条件を保存してそしてそれが出品された時に通知されるスマホのアラート機能を受け取るだけということなんだと思います。

 

仕入れるべき商品リストが作成済み

 

 

そして売るべき商品は自分でリサーチをして売れ筋を商品を見つけていくのではなく運営側が用意してくれる仕入れるべき商品リストが作成済みでそれを提供してくれるようです。

 

それを見ながら資金の許す限りメルカリなどのフリマサイトで登録しアラート機能を利用して出品され次第購入しましょうということなんですね。

 

「商品を発送する」のしかけとは

 

 

ただ単に送料のかからない小物(おそらくアクセサリーや財布、ネクタイなど)だけを出品し売れたらメルカリ便では発送しましょうというだけのものです。

 

メルマスターズではとても優れた特別なノウハウを持っているような言い回しですがこれは特別でもなんでもなくメルカリで売れたらメルカリ便を普通使うでしょう。

 

確かにメルカリ便は驚くほど便利ですからね。

 

仕入れから出品した商品が売れて発送するまでの流れは以下になります。

 

  1.  メルマスターズの仕入れリストを見てメルカリや他のフリマサイトで同じ商品がないか調べ て見つかれば仕入れる。または検索登録をする。
  2.  登録してある商品が売れたらお知らせが通知がアラートされるので購入する
  3.  出品して売れたらメルカリ便で発送する

 

【メルマスターズ】の5つの疑問点

 

ブランド品の転売は危険すぎる

 

ほとんどの人が考えることだと思うのですがそう簡単に転売初心者がブランド品の転売に手を出すのは危険すぎますよね。

 

ましてやメルカリと言えば多くの人が会員登録して今や日本一のフリマサイトではありますが同時にモラルの低さも話題になっていますね。

 

そういう不確かなところで本物か偽物か分からないブランド品を購入して結果偽物だったとしたら運営の石田琥南さんはどこまで対応してくれるのでしょうか。

 

 

この記述だけではとても信頼できませんよね。

 

ギャランティーカードなどがついていることを確認して購入しましょうということを言われるのかもしれませんがそれだけで100%大丈夫という保証もなく

また仕入れた商品の真贋を確かめるにはブランド真贋セミナーなどの講習も必要になってくるでしょう。

 

また売れたとしても購入者が悪質で商品のすり替えをされ不当に訴えられることも取引を続けていたらきっと起こることが予想できますがたかだか29800円の商材で石田琥南さんはどこまで共に戦ってくれるのでしょうか?

 

また180日間のサポート期間が過ぎたら自力で全て解決するのは素人には荷が重すぎますね。

 

古物商許可証のことが一切触れられていない

 

ブランドせどりを行っていく上で必須な古物商許可証のことが一切触れられていないのも問題ですね。

 

愛用の財布やカバンをたまに売るという程度なら必要ありませんが転売で長くしっかりと稼いでいくためには必ず古物商許可証の取得が必要になります。

 

これをおろそかにすると最悪無許可営業として警察に逮捕されます。

罰則はとても重く、法律では「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となるのでこのことを全く伝えないのは【メルマスターズ】の販売責任者の意識が低すぎると言わざると言えません。

 

メルカリはアカウント閉鎖リスクが最も高いフリマサイト

 

4.5年ほど前まではメルカリを販売先に選んだ転売が流行していました。

 

無在庫転売がその代表で在庫を一切持たず売れたら初めて仕入れるというハッキリと言えば反則技の手法が横行しそのせいもありメルカリ出品者のモラルが大きく低下し、それだけが要因ではないのですが今やメルカリは出品者にとても厳しいアカウント閉鎖リスクが最も高いフリマサイトとなりました。

 

いくら頑張って稼いでも一度アカウント閉鎖になればその後復帰してまた転売を再開させるというのは今ではもう不可能なのではないでしょうか。

 

そんな環境の中で危険なブランド品転売を行うというのは強風の中綱渡りするようなものですね。

 

ましてや【メルマスターズ】はメルカリで売る商品をメルカリから仕入れるというの手法なので例えば後から仕入れた出品者からクレームが来て運営に報告されるということ充分にあるでしょうしクレームが来るというのは良い気分じゃないですよね。

 

最悪アカウント閉鎖にならなくても精神的に辛いものはあると思います。

 

そしてメルカリのガイドラインにはブランド品を販売するには商品説明の欄に入手経路を記載するようにという記載もあります。

 

引用:メルカリガイドより

 

利益のとれる商品が大量に見つかるとは思えない

 

 

実践者の声を見ると簡単そうに見えますがそうそう利益のとれる商品が大量に見つかるとは思えないですね。

 

ただでさえ送料を安く抑えるために小物限定で仕入れ本物と偽物の区別もつけなければならず、本当に利益がとれて良い商品は大勢の人が狙っているのでこの【メルマスターズ】の生徒だけがそう簡単に入手できるのはあり得ないでしょう。

 

 

 

また用意された商品リストと同じ商品だけを狙うのなら他の【メルマスターズ】の生徒さんと奪い合いになるし何より石田琥南さんもライバルになってしまわないのでしょうか。

 

【メルマスターズ】は販売会社や責任者が不透明すぎる

 

特定商取引法に関する記述の項でもお話しましたが【メルマスターズ】は販売会社や責任者が不透明すぎるというのが引っ掛かるところですね。

 

「仕事の関係上、顔を出せなくて申し訳ありません。

せめてもの誠意としましてアバターでお許し頂けると幸いです。」プロフィールにありますが情報はもちろん顔が見えないというのは寂しいですね。

 

やはりお金のやり取りをして購入者と真剣に向き合いたいというのに自分の顔を出さないというのはフェアじゃないと私は思います。

 

無料で教えるのならともかく購入者はお金と時間を販売者を信じて提供するわけなので。

 

【メルマスターズ】の疑問点まとめ

 

  •  ブランド品の転売は危険すぎる
  •  古物商許可証のことが一切触れられていない
  •  メルカリはアカウント閉鎖リスクが最も高いフリマサイト
  •  利益のとれる商品が大量に見つかるとは思えない
  •  【メルマスターズ】は販売会社や責任者が不透明すぎる

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

とにかく少し読めば疑問点やおかしなところが次々と出てくるので不安要素だらけというより良いところがまるでみつからない商材のように思えてなりません。

 

転売業界も簡単に稼げるとか簡単に誰でもと謳い誘い込む商材が多いですが仕事として真剣に受け止めて取り組むべきものなので良いことばかり言う商材は手を出さないのが一つの判断基準だと思います。

 

以上で検証を終了致します。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。心より感謝致します。

 

もし気になる商材がありましたら検証致しますのでお気軽にメッセージ下さい(^^)/